ペットフードもオーガニックの時代?オーガニクスORGANIXのオーガニックドッグフード。

今回は先日ショップチャンネルで紹介されたオーガニックドッグフード、CASTOR&POLLUXキャスター&ポラックスのORGANIXオーガニクスをご紹介~。

※画像をクリックするとショップチャンネルの
『オーガニックドッグフード “オーガニクス”』
商品詳細&購入ページに飛びます。
リンク先ショップチャンネルのページに“商品動画を見る”“紹介番組を見る”アイコンがある場合はストリーミングで再放送が見られます。

↓↓↓
オーガニックドッグフード “オーガニクス”オーガニックドッグフード “オーガニクス”
商品番号:408074

アメリカ生まれのオーガニック食材を主原料としたドッグフード「オーガニックドッグフード “オーガニクス”」のご紹介です。栄養とバランスの取れたドッグフードを与えてあげることで、愛犬の健康維持をサポート。ワンちゃんも喜んでくれそう!


ショップチャンネル価格:税込¥4,900
輸入元希望小売価格合計:税込¥5,530

オーガニックドッグフード “オーガニクス”内容:
★オーガニクス 犬用アダルト(総合栄養食・ドライタイプ)2.72kg
★オーガニクス 犬用クッキー ピーナッツバター(間食[おやつ])340g
☆原材料:
<犬用アダルト>
有機チキン、鶏肉、有機玄米、有機エンドウ、有機雑穀(キビ)、有機燕麦、サケ、鶏脂肪トコフェロール(天然ビタミンE)、天然チキンフレーバー、有機キノア、有機乾燥卵製品、有機亜麻仁、有機リンゴ、有機ブロッコリー、有機ニンジン、有機カボチャ、有機洋梨、ミネラル(亜鉛タンパク質化合物・鉄タンパク質化合物・銅タンパク質化合物・マンガンタンパク質化合物・ナトリウム亜セレン酸塩・ヨウ素酸カルシウム)、塩、有機乾燥ブラックベリー、塩化コリン、塩化カリウム、ビタミン(ビタミンEサプリメント・アスコルビン酸2-リン酸エステル・ビタミンB12サプリメント・パントテン酸カルシウム・ビタミンAサプリメント・ナイアシン・リボフラビン・葉酸・ビオチン・塩酸ピリドキシン・チアミンモノニトレート・ビタミンD3サプリメント)、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸塩、イースト菌(サッカロマイセス・セレヴィシエ[出芽酵母])、乾燥エンテロコッカスヘシュウム発酵製品(腸球発酵菌)、乾燥乳酸菌発酵物、乾燥クロカビ抽出発酵物、乾燥トリコデルマ菌セルラーゼ発酵抽出物、乾燥枯草菌、ローズマリー抽出物
<犬用クッキー>
オーガニックチキン、オーガニックエンドウ、オーガニック玄米、オーガニック燕麦、オーガニック大麦、有機鶏脂肪ミックストコフェロール(ビタミンE)、チキンレバーフレーバー、有機天然ピーナッツバターフレーバー、有機亜麻仁、ローズマリー抽出物
☆対象年齢:
<犬用アダルト>
■成犬用
■対象年齢:1歳以上
※サプリメントの併用が必要な7歳以上の高齢犬は、獣医師とご相談ください
●与え方の目安:
■運動することによってよい健康状態の維持をサポートします
■常時きれいな水が飲める環境にしてあげてください
■給与する際は、7~10日かけて現在のフードに徐々に混ぜてください。初めは少量の“オーガニクス”フードを現在のフードのところに置きます。そして翌週から10日間、現在のフードを減らした分“オーガニクス”フードを増やし、100%“オーガニクス”フードになるように切り替えてください
■子犬が生後12~18週(大型犬~24週)未満の場合は粒が大きいので避けてください
■歯が弱っているワンちゃんは避けてください
☆ショップオリジナルセット商品
☆原産国:米国

【オーガニックドッグフード】
アメリカで生まれた“オーガニクス”は、アメリカ農務省(USDA)からオーガニックフードとして認定を受けているドッグフードです。総合栄養食(アダルト)は、原料の70%以上をオーガニック食材で構成。必須栄養素も含まれており、、おやつ(クッキー)は原料の95%以上をオーガニック食材で構成しているのが特徴です。
【動物性・植物性アミノ酸をミックス配合】
タンパク質はワンちゃんに大切な栄養素。タンパク質は多数のアミノ酸から構成されており、そのアミノ酸の中でも体内では合成されず、食事から摂取しなければならないアミノ酸を“必須アミノ酸”といいます。本品は、1つのタンパク源からアミノ酸を摂取するのではなく、有機チキン、有機エンドウなど、さまざまなオーガニック食材のタンパク源をミックスすることで、理想的なアミノ酸バランスを実現。一般的なドッグフードに多く含まれるコーン、小麦は使用せず、素材にこだわっています。
【合成添加物】
酸化防止剤として多く用いられる合成添加物のエトキシキン、BHA(プチルヒドロキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)を使用していません。
【コンドロイチン、グルコサミン配合】
レトリバー犬種、胴長犬種を中心に、室内犬の関節には十分なケアが必要。関節を構成する成分であるコンドロイチンとグルコサミンが配合されています。

…ショップチャンネルでたま~に見かけるペットフード。今まで販売されていたブランドは忘れてしまいましたが、今回のオーガニクスはオーガニックのドッグフードだそうで…ちょと珍しい?というか「ついにそんな時代か~」と思いちょとご紹介;。

ショップチャンネルでオーガニクスを紹介されていた本間克巳(ほんまかつみ)さんが代表を務められてる本間アニマルメディカルサプライはこちら。オーガニクスの輸入販売元だと思います~。
ロイヤルカナンなどの処方食の通販-本間アニマルメディカルサプライ

本間先生の本間獣医科医院…現在約43拠点をもつ日本最大の動物病院だそうです~。
↓↓↓
世界に飛び立つ獣医師集団|狂犬病やフィラリアの対処なら本間獣医科医院(株)ジーアンドエイチ
↑↑↑
そそ、日本では撲滅?されてる狂犬病ですが、アジアではまだまだ多いんだとか…2006年にはフィリピンで狂犬病に罹患した犬に噛まれ2名の日本人が亡くなっているそうです;(NPO法人ZPCAのページ参照)。

発症すれば致死率100%だとか…ハムスターとかも危ないのかな?
狂犬病-Wikipedia

…おっと脱線;。ペットフードに話を戻しまして…楽天でもオーガニックのドッグフードってあるのかな~?楽天の『オーガニック ドッグフード』検索結果はこちらから。
【楽天市場】オーガニック ドッグフードの検索結果-ペット・ペットグッズ(標準順 写真付き一覧):通販・インターネットショッピン

こちら、ヤラーYARRAHっていう会社のオーガニックフードが多いみたい?本日現在口コミ10件ついてます。リンク先商品詳細ページ“レビューを見る”から買った人の感想をチェック~。
↓↓↓

【送料無料】ヤラー YARRAH 100%オーガニックドックフード 2kg
販売価格 4,305円 (税込) 送料込
リンク先ショップ:【楽天市場】ペットビジョン
↑↑↑
リンク先ペットビジョンさんの解説によると「ヤラーは世界で初めてオーガニックフードをヨーロッパに導入、ナンバー1シェアを誇ります。」って書かれてるんですが、どこの国の会社なんでしょう??Netherlands…え~っと、オランダの会社みたいです。ホームページはこちら。
Yarrah Organic Petfood | Nature Finest Organic Petfood | Dogs | Cats | Pups

ヤラー日本の輸入販売元(代理店)?の日本語公式サイトがありました。
公式サイト YARRAH ヤラー オーガニックペットフード

え~オーガニクスに話を戻しまして…オーガニクスの詳細は、既述本間アニマルメディカルサプライのオーガニクス販売ページにて…。
本間アニマルメディカルサプライ GOLD オーガニクス
↑↑↑
こだわりの食材・内容を見ていたら、スージーも食べたくなっちゃいました;。はは;。ショップチャンネルで販売されている成犬用以外にパピー用や缶詰のドッグフードもあります。あと猫用のキャットフードもありました。

そそ、「C&Pのオーガニクスは、USDA(アメリカ農務省)の認定を受けたオーガニック素材を70%以上使用」これに対し「すべてのヤラー製品は、100%オーガニック原材料で作られてい」るそうです。ご参考まで。

ちなみにオーガニクスの本家サイト(アメリカ)はこちら。
Natural Pet Food-Organic Dog Food-Organic Cat Food | Castor & Pollux Pet Works

人間もペットも健康の基本は食事というのは同じですよね。大切なペットのためにオーガニックのペットフードにしてみます?その前にスージーは自身の食事をオーガニックにしなきゃね;。はは;。ではまた~(^^)/。

スージー関連ブログ(日記)記事
ワイマックスWiMAX「入ってる?」CMネコのまる君動画♪←ショップチャンネルネタではありませんが、ペットつながりと言うことで;。
買った・使った商品レポート(ホームグッズ編)

犬種別のドッグフードなんかもあるんだね~。楽天のドッグフードカタログページはこちらからどうぞ。
↓↓↓


アニマル“メディカルサプライ”と言うだけあって、ドッグフード以外にもフロントラインのようなノミ・ダニ予防駆除薬や点眼薬などお薬も色々…ペットに必要な物はたいがい揃ってる??エリアは限られてますが、ネットで動物病院の受診予約までできるなんてすごいね~。
↓↓↓
動物病院の直営商品を取扱い!【本間アニマルメディカルサプライ】

いぬのきもち&ねこのきもち

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック