トランスファットフリー(トランス脂肪酸ゼロに近い)マーガリン・スプレッド類は・・。

前ブログ記事●ドクター・イーガーDr.Egerのエクストラバージンオリーブオイルスプレッドがお買い得~♪でトランス脂肪酸&コレステロールゼロのドクターイーガーDr.Egerエクストラバージン オリーブオイルスプレッド EXTRA VIRGIN OLIVE OIL SPREADをご紹介したところ、コメント欄にとんとこさんから「スージーさんはパンにつけるもの、どうしてますか??」ってご質問を受けまして・・。

スージーはトランス脂肪酸のことを知って以来使っているのはバターです。スージーは普段あまりトーストとか食べないので(前ブログでご紹介したようにベーグル&クリームチーズが多い;)バターで不自由を感じたことはないんですが、とんとこさんみたいによく食べる方にとってはバターは確かに固くて、塗りにくいですね~。

というわけでショップチャンネルとは関係ないんですが、トランスファットフリー(トランス脂肪酸が少ない)のマーガリンがないかと調べてみたところ・・前ブログでご紹介した“食と暮らしの安全”でデンマーク基準(デンマークでは2004年1月から国内で販売するすべての食品の油脂中のトランス脂肪酸含有率を2%までに制限。ただし動物由来のトランス脂肪酸を除く)をクリアしたマーガリン・ファットスプレッドが載っていたので、ご紹介します~。

リンク先ショップが楽天市場の物はリンク先商品詳細ページ“レビューを見る”に買った(使った)人の感想が載ってますので併せて口コミチェックしてください。あと食と暮らしの安全さんの表記を参考にトランス脂肪酸量=製品中のトランス脂肪酸量、トンランス脂肪酸含有率=製品の油脂中に占めるトランス脂肪酸の割合と思って書きましたが、間違っているところがあるかもしれません;。間違い等ご指摘はコメント欄までお願いしますm(_ _)m。

まずは・・いち早く?トランス脂肪酸のリスクに対処した創健社のマーガリン類・・。
↓↓↓
創健社 べに花ハイプラスマーガリン(徳用) / 420g創健社 べに花ハイプラスマーガリン(徳用) / 420g
製品中にオレイン酸を63%(脂肪酸中)含有
NONーGMOのビタミンE・大豆レシチンを使用しGMOフリー(GMOとはGenetically Modified Organismの略=遺伝子組み換え作物・食品。GMOフリー=遺伝子組み換え作物不使用)
食塩はニガリを含む沖縄・宮古島の自然塩を使用
トランス脂肪酸量:0.5g/製品100g中
価格 625円 (税込) 送料別 100gあたり約148.8円
リンク先ショップ:【楽天市場】有機家
↑↑↑
食と暮らしの安全さんや、リンク先有機家さん商品詳細ページの表示と、創健社のホームページのトランス脂肪酸量や成分についての表示が少し違ってました。商品内容については創健社のホームページを優先に書きました。
参照サイト:●トランス脂肪酸とマーガリン@創健社
↓↓↓
創健社 発酵豆乳入りマーガリン / 180g創健社 発酵豆乳入りマーガリン / 180g
乳酸菌以外の原材料は植物素材
必須アミノ酸277mg(100mgあたり)含有
トランス脂肪酸量:0.5g/製品100g中
価格 386円 (税込) 送料別  100gあたり約214.4円

リンク先ショップ:【楽天市場】有機家


創健社コレストロール1/8バタータイプコレステロール8分の1 (バタータイプ)
バターを油脂中70%使用した限りなくバターに近いスプレット
コレステロールはバターと比べ85%カット(製法特許出願中)。
製品中の油脂分は60%とバター(81.5%)と比べ低脂肪。カロリーも控えめ。
トランス脂肪酸量:0.9g/製品100g中
トランス脂肪酸含有率:1.5%
160g 価格462円 (税込) 送料別 100gあたり約288.7円
リンク先ショップ:【楽天市場】e-NET・地球人

続いては結構有名らしい純正株式会社の『バーガリン』。トランス脂肪酸が少ないだけでなくって、有機(オーガニック)です。
↓↓↓
トランス脂肪酸含有量1%以下!合成保存料や着色料も不使用
オランダ産マーガリン【バーガリン(250g)】

パーム油などの植物性油脂100%
コレステロールはバターの約40分の1
一般のマーガリンに10%前後含まれるトランスファットを1%以下に
化学合成物無添加、基準の厳格なヨーロッパの有機認証団体SKALの認証を取得
トランス脂肪酸含有率:0.56%
価格 600円 (税込) 送料別 100gあたり240円
リンク先ショップ:【楽天市場】こだわりの輸入食材のお店Doo-Bee

お!やっぱりおいしっくすさんバーガリン取り扱ってましたか~。いつの間にかおいしっくすさんもレビューが書けるようになってるみたいで・・リンク先商品詳細ページをスクロールしていただくと、下の方に「■「バーガリン」をご利用されたお客様のコメント」というのがあります。
↓↓↓
バーガリン
バーガリン

250g 630円
リンク先ショップ:有機野菜などの安心食品宅配 感動食品専門スーパーOisix(おいしっくす)
↑↑↑
リンク先おいしっくすさんのページに“※マーガリンは、JAS(日本農林規格)による定義で油脂分の含有率によって食品表示名称が分類され、油脂含有率80%以上がマーガリン、80%未満がファットスプレッドとなります。バーガリンは油脂含有率71%の「マーガリン類・ファットスプレッド」です。”と書いてありました。マーガリン=ファットスプレッドと思ってましたが、違うんですね~。

【安心素材】バーガリン250g

身体を気にする方にも安心して使えるマーガリン

※有塩タイプになります

トランスファットフリーで、SKAL有機認証をうけたマーガリンです。
トースト、サンドイッチなどにそのまま塗って、また、手づくりパンやお菓子の練り込み油脂としてご使用ください。






250g 630円
リンク先ショップ:お菓子材料の店クオカ

大手メーカーの中で唯一“脂肪分の脂質中、トランス脂肪酸の含有率2%以下”というデンマークの基準をクリアした『小岩井マーガリン』。
↓↓↓
【要冷蔵】小岩井マーガリン(醗酵風味)
トランス脂肪酸含有率:1.8%
225g 価格315円 (税込) 送料別 100gあたり140円

リンク先ショップ:【楽天市場】i菜果


他に原材料の95%以上が有機認定品、加工工程もJAS有機の認定を受け、また、トランス脂肪酸は0.43g/100gという「大地有機マーガリン」っていう商品があるみたいですが、大地を守る会の宅配のみなんだそうです。
参照サイト:●「トランス脂肪酸」問題と大地のマーガリンについて|大地を守る会
↑↑↑
(大地を守る会がサイトリニューアルされたのかリンクが切れていたのでリンクを外しました。代わりに?と言ってはなんですが、こちらをご覧ください。2009.2.20削除&変更)
↓↓↓
4月1日から大地のマーガリン・原料マーガリンが、すべて低トランス脂肪酸に変わります!|大地を守る会

・・食と暮らしの安全●トランス脂肪酸|マーガリンは低減進むによると、大手メーカーのマーガリンも最近はトランス脂肪酸の含有率が下がっているそうです。

明治のコーンソフトはデンマーク基準2%に今一歩のところまできているそうで・・製品8gあたりのトランス脂肪酸含有量は0.16g←ぱっと見るとデンマークの基準2%と同じようですが、基準は“食品(商品)の中の脂質のうちのトランス脂肪酸含有率なので残念ながら2%を超えます。明治コーンソフトに占める脂質(油脂含有率)は71%なので、トランス脂肪酸含有率は約2.8%です(2005年7月時点では12.7%でした)。もう少しだね~。ついでに計算すると雪印乳業のネオソフトは約4.2%になりました(2005年7月時点では5.9%でした)。

コクと軽さを両立、70%のコーン油を含んだファットスプレッド。
ソフトマーガリン 明治コーンソフト 400g

トランス脂肪酸量:2g/製品100g中
トランス脂肪酸含有率:2.8%
通常価格179円 (税込) みるくたいむ特価150円 (税込) 送料別 100gあたり37.5円
リンク先ショップ:【楽天市場】みるくたいむ

いま雪印のホームページを見てみると・・『雪印ネオソフト綿実油ブレンド』のトランス脂肪酸含有量=0.1g/製品10gあたりとなってまして、これだったら2%基準クリアーじゃないですかね??
参照サイト:●お客様各位 「トランス脂肪酸について」@雪印乳業株式会社←雪印のマーガリン類トランス脂肪酸含有量が出てます。

・・ところが楽天でもヤフーショッピングでも『雪印ネオソフト綿実油ブレンド』売られていない;。売れなかったからもう廃盤になったのかな?

ありゃりゃ雪印さんのホームページを見直してみたらトップページから●【お知らせ】トランス脂肪酸についてっていうページがあって、さっきのお客様各位 「トランス脂肪酸について」が更新されたようでした。・・そこには『雪印ネオソフト綿実油ブレンド』の文字は無し・・;。何でだろ~??

ま、トランス脂肪酸は削減方向へと向かっているいるようです。ケンタッキーフライドチキンとかでも不使用とかのCMを見たような・・←探してみたんだけど、不使用というのはスージーの気のせいだったのか見つけられなかった;。

え~最後に各国の規制状況など・・
アメリカ
・2006年1月より加工食品中のトランス脂肪酸含有量の表示を義務付け(ただし食品一回使用量あたり0.5g以上含まれる場合)。
・トランス脂肪酸の摂取量は、1日当たりの総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告。

ちなみにニューヨークでは市内の飲食店に対し人工添加物トランス脂肪酸(TFA)を含む食用油の使用を全面的に禁止する決定を行ったんだそうです。まず2007年7月までにフライ物、マーガリン、ショートニング、食用油が1人あたり0.5グラムまでに制限され、さらに2008年7月までにはイースト菌などのパン生地、ケーキ用のバターオイルにも適用されるそうで、事実上のトランス脂肪酸使用禁止措置に等しい厳しい措置です。そこまでやるか~って感じがしないでもないですが;。
参照サイト:●ニューヨークでトランス脂肪酸の食用油を全面使用禁止へ:Garbagenews.com

・・アメリカではクリスコcriscoのトランスファットゼロtrans fat freeショートニングが発売&よく使用されているようですが(緑色のパッケージの方ね)、日本では認められていない酸化防止剤t-ブチルヒドロキノン(TBHQ)が含まれているので輸入禁止だそうです。

カナダ
2005年12月から原則として栄養成分の表示においてトランス脂肪酸を表示対象とする。

デンマーク
2004年1月から国内で販売するすべての食品の油脂中のトランス脂肪酸含有率を2%までに制限(ただし動物由来のトランス脂肪酸を除く)。

WHO(世界保健機関)・FAO(食糧農業機関)の「食事、栄養及び慢性疾患予防に関するWHO/FAOの合同専門家会合」
心臓血管系の健康増進のため、食事からのトランス脂肪酸の摂取を極めて低く抑えるべきであり、最大でも1日当たりの総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告。

韓国
アジアでは最も先進的なトランス脂肪酸対策がとられているそうで、各メーカーがトランス脂肪酸ゼロをウリにいろんな商品を展開してるようです。
参照サイト●トランスファット注意報-バーガリンのススメ-/特別レポート:韓国では、今・・・。←すぐお隣の国がこんなに熱心なのにね~。

他トランス脂肪酸についての参照サイト
ケーキ・クッキー・レトルト食品はだめ! 植物性の人工脂肪は健康の敵! - 〔家庭の医学〕 All About
トランスファット注意報-バーガリンのススメ-/トップページby 純正株式会社
ケンタッキーフライドチキンでトランス脂肪酸の使用を停止@医学処  -医学の総合案内所- by さじさん←キーワード“ケンタッキー トランス脂肪酸”で検索して出会った“さじ”さんのブログ。なんだかとっても面白い(=興味深い)のでリンクを貼っておきます♪ショップチャンネル三昧のスージーのくどさ?がお好きな方にはご一読をお薦め♪はは;。
livedoor ニュース - 最悪商品は雪印製、最悪企業はマリンフード 心疾患招くトランス脂肪酸の含有率←スージー的にはこういう表現の記事はあまり好きでないんですが(ワーストよりベストを知らせて欲しいしね;)、コープのマーガリンもいまいちらしい・・;。マリンフードって・・ショップチャンネルでホットケーキを紹介していた会社だよね・・。付属のホイップクリーム?「やばそうだな~っ」てスージー食べつつ思ってました;。
トランス脂肪酸の低減への取り組み|ミスタードーナツ←スージーが思っていたCMはミスタードーナッツ(ミスド)のCMだったのかな~??

とんとこさんいかがでしたでしょう?ちょびっとくらいお役に立てればいいんだけど・・。そう!お子様たちの健康はお母さんにかかっているのだ!!・・お父さんの健康もだけど・・;。

前記事でマックフライポテトのことなんかも書きましたが、コーヒーフレッシュもそういうことで(トランス脂肪酸)避けた方が良く・・(昔は石油から作られてるなんてデマ?もありましたが;)、加工食品も加工段階で使われている油の種類がわからないし・・(使い勝手の良いショートニングとかが使われてるんでしょうね)、美味しいふわふわ菓子パンもショートニングが使われてるし・・お母さんの手作り(お父さんでもおばあちゃんでもおじいちゃんでも良いんだけど・・)がやっぱり一番なのだな~と改めて思う今日この頃です。

けどね~お母さん達も忙しいのだよ。特に働いてると・・;。毎日の献立を考えるだけでも大変・・;。外で買えるお総菜や、スーパーの冷凍食品をはじめとする加工食品はとっても助かるわけで・・やばい・・いらんことどんどん書きそうだ・・;。この辺でやめなきゃ;。

しかし、これだけ巷で「トランス脂肪酸、トランス脂肪酸!!」って言われてるのに、メーカーサイトにトランス脂肪酸の含有量が表示されていない点に疑問を持ちます。化粧品でさえ業界基準(協会自主基準)で全成分表示をしてるのに、食べるものはもっと積極的に情報開示してくれても良いんじゃないかな~??と思います。

化粧品の原材料と、食品の成分を比べるのはちょっと乱暴ですが、でもにゃ~なんとかならないかな~;。スージーせめてもの抵抗としてトランス脂肪酸の少ない商品をこれからも選びます;。ではまた~(^^)/。

おことわり:トランス脂肪酸のことをトランス脂肪酸と書いて欲しいというようなことをウェブ上で見かけましたが、トランス型脂肪酸=TRANS FATと英語では表記されることもあって(直訳するとトランス脂肪ですが;)、特に気に留めず書きました。ゆえにスージーの言うトランス脂肪酸=トランス型脂肪酸のことですm(_ _)m。

ところで最近バターが品薄なんだそうですが、マーガリンには影響ないんでしょうか?そうか~バターが品薄でマーガリンが売れてるかも・・。ちょっとスーパー覗いてこよう;。最後までおつきあいありがとうございました。何かお役に立ちましたら励みになるのでぽちっとお願いしますm(_ _)m→にほんブログ村 通販ブログへ

スージー関連ブログ(日記)記事
ドクター・イーガーDr.Egerのエクストラバージンオリーブオイルスプレッドがお買い得~♪
北海道ホットケーキ→モンドセレクション→メープルシロップ←スージー食べたマリンフードのホットケーキ記事。
買った・使った商品レポート(食品・グルメ編)
買った・使った商品レポート(ダイエット・健康編)

バーガリンを扱っているクオカさん・・スージー最近ベーグル作りとかにはまってまして・・ケーキ型とかも欲しいな~と思いつつ・・ちょっと面白そう♪
↓↓↓
お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)

大地を守る会「お試し野菜セット」は1,290円1,490円から(値上げされてました;。2009.11.25訂正)。お試ししてみます?
↓↓↓


安全食品宅配といえばOisixおいしっくす。スージーも利用したことあります。今のところ特に問題なし。ちょっとお高いけど結構好きかも~。
↓↓↓
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

追記(2009.11.25)
24日、福島みずほ消費者担当相が食品中のトランス脂肪酸含有量の表示義務付けを消費者庁で検討すると発表されたとか…やっと日本も表示されるようになりますかね~??


追記(2016.7.26)
その後、日本でもトランス脂肪酸について、色々言われるようになってきましたが…最近(と言っても昨年2015年7月時点ですが;)の市販商品の状況について書いてある記事があったので、リンクを貼っておきます。
危険なトランス脂肪酸、含有量ワースト5のマーガリン!雪印、イオン…セブンは開示拒否 by 佐々木奎一さん@Business Journal
↑↑↑
3頁目、【トランス脂肪酸含有量3.0%以上】の商品第1位は「マリンフード メンドーテルポーション 6g」(4.0%)」でした;。同じマリンフード製でも「マリンフード「ツキマルシルバーホイップマーガリン 5g」(0.3%)」のように含有量の低い商品もありましたので、お買い物の際にはメーカーよりも「商品」ごとの違いに気を遣った方が良さそうです。

楽天で売れてる「マーガリン」見てみます?
↓↓↓

"トランスファットフリー(トランス脂肪酸ゼロに近い)マーガリン・スプレッド類は・・。"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。