伊藤軒=京・月待庵の吉野の本葛餅♪

ひんやり和菓子が美味しい季節になってまいりましたが…前ブログ記事●創業70余年つかもとの直火炊き手造り芋甘納豆はどうでしょ?コメント欄、ゆきゆきさんとたぬポンさんの間で、現在ショップチャンネルのサイトに“伊藤軒”と“京・月待庵”両方の本葛餅があり、写真や商品説明が一緒だけどどういうことだろ?と言う話題が持ち上がっておりました。

んでスージーも早速ショップチャンネルのサイトをチェックしてみたところ…ほんと、たぬポンさんが発見されたように、“伊藤軒”と“京・月待庵”、どちらからも『吉野の本葛餅』が発売中。商品画像が一部違いますが、それぞれの商品詳細ページには“伊藤軒”と書かれた同じパッケージ写真が使われてます。

こちら、伊藤軒の吉野本葛餅。(←下記コメント欄、ゆきゆきさんからの情報でチェックしてみますと…いつのまにかリンク先が“現在、お取扱いしていません。(ESE009I)”になってました;22日の朝はまだちゃんとページがあったのになぁ;2012.6.23追記)
↓↓↓
伊藤軒 吉野の本葛餅伊藤軒 吉野の本葛餅icon
商品番号:416616
<伊藤軒>より、もっちりぷるぷるの食感がたまらない「吉野の本葛餅」のご紹介です。葛は奈良県吉野産の本葛を100%使用してつくられた、本葛の風味と食感を存分に味わえる逸品。濃厚な黒蜜と香ばしいきな粉付き。携帯にも便利なパック入りで、行楽のお供にもおすすめです。
※ショップオリジナル:吉野産の本葛をメーカー従来品の2倍配合
ショップチャンネル価格:税込¥3,654 送料込み 返品不可 1~3週間前後でのお届け

伊藤軒 吉野の本葛餅
★内容:くずもち220g×5個、きな粉3g×5個、黒蜜10g×10個
☆原産地:<吉野本葛>=奈良県
☆加工地:大阪府
☆ショップオリジナル商品
☆原材料:
<くずもち>砂糖、本葛、乳糖、増粘多糖類、グリシン、酸味料、卵白リゾチーム
<きな粉>大豆
<黒蜜>三温糖、黒砂糖、水あめ・砂糖混合異性化液糖
☆お召し上がり方:冷やして適当な大きさに切り、黒蜜ときなこをかけてお召し上がりください
☆賞味期限:常温120日
☆保存方法:直射日光、高温多湿を避け常温で保存
☆梱包状態:段ボール箱

【葛は吉野産の本葛を100%使用】
奈良県吉野産の本葛を100%使用。葛特有のもっちりとした弾力のある食感と、舌の上でとろけるような、なめらかな食感、そして豊かな風味を同時に味わうことができます。
※くずもちの原材料の一部である増粘多糖類の中のくず粉は、本葛ではありません
<吉野本葛とは>
葛根(かっこん)から取れるデンプンのみでつくられたものを“本葛”といいますが、その中でも、奈良県吉野およびその周辺で精製された葛粉だけが“吉野本葛”ということができます。本商品は吉野本葛のみを使用。
【もっちりぷるぷるの食感を出す製造工程】
本商品は、容器への充填以外はすべて手作業。職人が付きっきりで火加減、練り加減を調整し、葛の状態を見極めて手練りで仕上げています。
【濃厚な黒蜜と香ばしいきな粉付き】
もっちりぷるぷるとした食感の本葛餅に負けない、濃厚な黒蜜と香ばしいきな粉付き。
■黒蜜:濃厚なコクと深みのある甘さが特徴
■きなこ:国産の大豆を使用。豆の味が濃く、芳しい香りと風味があります
【京都の老舗<伊藤軒(いとうけん)>】
<伊藤軒>は、元治元年(1864年)創業の老舗。丁寧な手仕事によって本物の味を守り続けていくことにこだわり、菓子をつくっています。
※特記事項以外の記載事項は、すべてメーカー調べ

そしてこちら、京・月待庵の本葛餅。
↓↓↓
京・月待庵 吉野の本葛餅
京・月待庵 吉野の本葛餅
icon
商品番号:446146
ショップチャンネル価格:税込¥3,654 送料込み 返品不可 1~3週間前後でのお届け

両方の商品詳細ページで使われているパッケージ画像。
↓↓↓
京・月待庵 吉野の本葛餅icon
リンク先:ショップチャンネル
↑↑↑
ちなみに京・月待庵の本葛餅商品詳細ページ、製造メーカーについての説明は
【京都の菓子メーカー<京・月待庵>】
創業140年以上の老舗。創業元治元年(1864年)と、長い歴史がある京都の菓子メーカーです。丁寧な手仕事によって本物の味を守り続けていくことにこだわり、菓子づくりをしています。」
…となってます。あとの商品説明はほとんど(全く?)一緒。

というわけで、キーワード“伊藤軒 月待庵”で検索してみますと、会社名が“株式会社伊藤軒”、販売店名(お店の名前)が“月待庵”ではないかと思われる検索結果がいくつかありました。住所も同じようですし、会社名が“伊藤軒”でブランド名?が“京・月待庵”みたいな感じではないでしょうか?

伊藤軒はスージーも手焼き豆せんべい食べたことがあるように、結構ショップチャンネルで有名?ですが、京・月待庵は知りませんでした。

ゆきゆきさん情報によりますと、京・月待庵の商品は昨年11月に“安納紅芋ようかん”がショップチャンネルで販売されていたそうです(←ゆきゆきさんによると「お芋と砂糖だけで作られていてすっごく美味しかったです。」とのこと。)。

…と、言うわけで、ゆきゆきさん~、安納紅芋ようかんも伊藤軒さんの商品だったと言うことで…伊藤軒好きのゆきゆきさんには“ばっちり”の商品だったわけです!!うふふ。
参照サイト:●御菓子の製造・販売 『京の手仕事 伊藤軒』
豆せんべい|豆煎餅|京・月待庵
↑↑↑
ん?月待庵さんのウェブサイトを見ると、こちらも“株式会社 京・月待庵”となってます。ま、でも住所がどちらも“京都市南区東九条中殿田町16-1“なので、同じですね。何か大人の事情?で別会社にされているのでしょう。

それにしても今回の本葛餅、加工地が“大阪府”となってますが…伊藤軒さんの工場は京都(本社住所と伏見区深草)じゃないの?他社への製造委託商品ですかね?ま、いっか;。

「伊藤軒さんと言えばこの頃ショップチャンネルでの販売は、たま~に豆煎餅があるぐらいになっちゃいましたね~。
以前はもっちり栗ようかんとか、ぷるぷる水ようかんとか吉野の本葛餅とかあって楽しみに購入してたんですが…。
昨年は6月に久々に本葛餅が復活して大喜びで購入したんですが、今年はないのかなぁ~。
伊藤軒さんのご近所にお住まいの方が本当にうらやましいです~。」

とおっしゃるくらい伊藤軒LOVEのゆきゆきさん、今年も本葛餅復活でお喜びですが、『ぷるぷる水羊羹』も京・月待庵ブランド?で販売中ですよ~♪
↓↓↓
京・月待庵 ぷるぷる水羊羹京・月待庵 ぷるぷる水羊羹icon
商品番号:445065
瑞々しく涼やかな甘み、ぷるぷるもっちりとした食感のひんやり甘味“ぷるぷる水羊羹”のご紹介です。手土産やご近所へのお遣い物にも喜んでいただけそう。
★内容:220g×5個
☆ショップオリジナル商品
☆原材料:砂糖、小豆、葛、還元麦芽糖水飴、乳糖、ゲル化剤(加工でん粉、増粘多糖類)、グリシン、乳化剤、卵白リゾチーム
☆保存方法:直射日光、高温多湿を避け、常温で保存
☆梱包状態:化粧箱
☆賞味期限:商品発送日より常温120日
☆お召し上がり方:冷蔵庫で冷して、切り分けてお召し上がりください
☆原料原産地:<小豆>北海道、<葛>奈良県
☆加工地:大阪府
ショップチャンネル価格:税込¥3,465 送料込み 返品不可 2週間前後でのお届け
↑↑↑
こちらもリンク先ショップチャンネルの商品詳細ページのパッケージ画像には“伊藤軒”と書いてあるのが読み取れます。ほぉ~「水羊羹の瑞々しさと上品な甘み、葛餅のもっちりぷるぷるとした食感が1度に楽しめる、他にはなかなかない食感を持った逸品です。」とな。「十勝産大納言をたっぷり配合したショップオリジナル」商品だそうです。

本葛餅もぷるぷる水羊羹も常温で120日持つところも良いですね~。関西で葛と言えば“葛きり”(平べったく長めに切ったものを黒蜜でいただく)やこしあん入りの“葛餅=水まんじゅう”が有名?で、今回ご紹介タイプの葛餅とかは食べたことないスージー。ちょっと興味がわいてしまいました;。

葛餅も興味ありますが…久々に京都の冷やし?本わらび餅が食べたいかも~♪京都の本わらび餅と言えば、花見小路にある“ぎおん(ぎをん?)徳屋の本わらびもちが最近話題?ですが…京都北座(南座の向かい)、井筒八ッ橋さんの2階にあるカフェの本わらび餅も美味しいです♪
↓↓↓
京都北座・井筒八ッ橋本舗の本わらび餅

参照サイト:●ぎおん徳屋 【花見小路・甘味】-京都中心部-京都グルメ
北座ビルのご案内|店舗紹介|井筒八ッ橋本舗

京都の本わらび餅にはとうていかないませんが、セブンイレブンのふんわりわらび餅(138円)も結構いけてます♪
↓↓↓
セブンイレブンのふんわりわらび餅と杵つき仕立て黒豆大福

名称 和生菓子
ふんわりわらび餅 黒みつ付き
原材料名 砂糖、ミックス粉(寒天、澱粉、わらび粉)、きな粉、水飴、乳化剤、トレハロース、加工澱粉、(原材料の一部に大豆を含む)
<添付黒蜜>黒糖、水飴、蜂蜜

保存方法 10℃以下
製造者 わらべや関西(株) 滋賀工場 0120-711-720
滋賀県野洲市野洲1679-1
1包装当たり 熱量165Kcal 蛋白質2.4g 脂質1.4g 炭水化物35.8g Na6mg

きな粉の香りが良いです~。
↓↓↓
セブンイレブンのふんわりわらび餅

ぷるぷる~。甘いのそんなに得意でないスージーは黒蜜なしでも十分なのですが、黒蜜つけてもGood♪
↓↓↓
セブンイレブンのふんわりわらび餅 黒蜜つき

138円のささやかな幸せ♪カロリーも165kcal。低カロリーなのも和菓子の魅力ですね。この夏はかなり食べそうかも?はは;。なんか最近セブンイレブンの回し者みたいになってます?ぐふふ;。

そそ、コンビニスイーツと言えば、●ショップチャンネルのサクサク香ばしい!バームクーヘンラスク(こわれ)残りわずかです!のところでちらっと書いたローソンの“リングラスク”も買って食べてみました。このあとエアリスさんからいただいたバームクーヘンラスクの口コミ追記と共に感想を書いておこうと思います。

あい、葛餅から脱線してしまいましたが…吉野の本葛餅はゆきゆきさんリピート?購入されるご様子。熱い?本葛餅へのLoveコメントお待ちしております~うふふ~♪

あ~なんだか商品数増えてます?やばいやばい;。ショップチャンネルのグルメ商品はこちらからどうぞ~♪
↓↓↓
SHOPグルメ一覧:テレビショッピングのショップチャンネルicon

今日の感想:たぬポンさん曰く「同じものなら、どちらか一方で統一すればいいのに。」。まさにおっしゃるとおりです!なんでこんなややこしいことしてるんでしょうね?まったく;。

スージー関連ブログ(日記)記事
創業70余年つかもとの直火炊き手造り芋甘納豆はどうでしょ?
伊藤軒の京の手焼き豆せんべい(えんどう豆)食べてみました。
買った・使った商品レポート(食品・グルメ編)



追記(2012.6.22)
そう言えばゆきゆきさんから以前伊藤軒の口コミいただいていたはず…と過去ブログあたってみますと、昨年11月のブログ●ショップチャンネル15周年アニバーサリー企画キャストのいち推し!コメント欄に
「…この頃洋菓子系から和菓子系に好みが変わり、おかず系の甘いのはあんまり得意じゃないんですが、和菓子は伊藤軒さんのお隣に住みたいぐらい大好きです。

話が脱線しますが、伊藤軒さんの「吉野の本葛餅」絶品です!
一昨年初めて食べてものすごく美味しくて、感動し、何回かリピートしたんですが、去年は販売がなく、伊藤軒さんのホームページにも載ってなかったんで、「今年は絶対販売してください」って今年の始めにショップチャンネルに電話したんです。
だから6月にスイーツコーナーに載ってるのを発見した時、すごく嬉しかったです。
来年の夏も販売してくれるといいなぁ。」

と伊藤軒Loveの口コミいただいておりました;。

本葛餅絶品ですか~。うにょにょ~。食べてみたいかも…どうしよう~;。何はともあれゆきゆきさん、今年も買えて良かったですね~♪

追記(2012.6.23)
上のブログ本文でちらっと書きましたが、ゆきゆきさんから伊藤軒の葛餅は注文できないようになっている(タッチでショップは売り切れの案内、ネットでショップは“現在、お取扱いしていません。(ESE009I)”の表示)とコメントいただきましてチェックしてみると…伊藤軒のほうのページはなくなってました;。まったくお騒がせしましたm(_ _)m…ってスージーが謝らなくても良い?はは;。

さて、下記コメント欄、ゆきゆきさんからさらに口コミいただいてます。
「エアリスさん、この本葛餅ほんとにお薦めです~。
私は初めてこちらの本葛餅を食べた時、今まで食べていた葛餅はなんだったんだって思いました。

前にテレビで外国人の方が日本を知る為にレポートする番組があり、見ていたら外国人の方が日本のお菓子職人さんと実際に吉野の山林みたいなところに入って、太い木の根っこを掘り出して(ものすごい重労働です)持ち帰り、今度それを細かくして何回も水にさらして葛粉を作るまでをやってました。

それを見て、本葛餅がこのぐらいの値段になってしまうのは仕方がないと納得しました。
できあがるまでにものすごく手間がかかるんですよね。
たしか普通の葛餅は原料がお芋のデンプンか何かで、葛粉になるとそれだけで価格が5倍くらいになるって言ってたような気がします。

あ~早く本葛餅食べたいです~。」

とのこと。

え~ブログ本文書いてるときにちょっと気になる?ページに遭遇したんですが…関東では葛粉でなく小麦粉を使った“くず餅”がポピュラーなんですか?
わらび餅 くず餅@集まれ わらび餅! by 栗これさん。
↑↑↑
管理人“栗これ”さんによりますと「関東のくず餅は本来、「久寿餅」と書くのだそう」で、小麦粉の澱粉を醗酵させて作られた物だ(った?)そうです。

ゆきゆきさん曰く「川崎大師で売ってるのとは全く別物でございます。」とのことですので、今“川崎大師 くずもち”で検索してみますと…やはり?川崎大師のは“久寿餅”とのこと。小麦粉から作られてるのかな?川崎大師の久寿餅を食べ比べされてる方のブログがあったのでリンクを貼っておきます~♪
↓↓↓
川崎大師の久寿餅4品食べ比べ!

というわけで、ゆきゆきさんもその辺ご存じだったかもしれませんが、川崎大師のくず餅と伊藤軒…でなかった、月待庵のくず餅は別物なわけでございました;。

しかし~コメント欄Junoさん(京都出身)も書いてくださってるように、関西では吉野葛を使った“葛きり”はよく見かけますが、“くず餅”自体あまり見かけないと思うんですよね。エアリスさんどうですか?

エアリスさん、ゆきゆきさん共に本葛餅と水羊羹、ダブルでご注文とのこと…スージーは~まだ迷ってます;。というのも吉野葛を使った葛きりは食べたことがあるんですが、けっこう“ぷりんぷりん”しているんですよね~。

京都の“くずきり”と言えばこちら、鍵善良房(かぎぜんよしふさ)。リンク先食べログではレビュアーさんの撮った写真が見られますが、名物“くずきり”の写真の他に“その他の写真”ではゆきゆきさんもおそらくテレビで見られたであろう“葛の根っこ”の写真もあります(←鍵善さんの店内に飾ってあるんですよ。スージーも実物見ました。)。
↓↓↓
鍵善良房 本店(かぎぜんよしふさ) - 祇園四条(甘味処)[食べログ]

葛きりもそれなりに美味しい?ですが、スージーはわらび餅派(そんな派あるのか!?)なので、葛餅もどうかな~?本わらび餅のような“もっちり”感が少なそうというか…。“プリプリ”よりも“もっちり(ねっちょり?)”好きなので…ちょっとスージーの好みとは違うかな~?なんて思ってるんですよね~。

でもJunoさんも興味おありのようですし…Junoさんのご接待用にご用意しましょうか?な~んて;。はは;。ああ~悩むぅ。

はい、というわけで、とっても悩んでいるスージーなのでした。幸せな悩みだなぁ;。ゆきゆきさんからは他にも本葛餅Loveのコメントいただいております。よろしければ下記コメント欄ご参照下さいまし♪

Junoさん~ゆきゆきさん~エアリスさん~熱い!?コメントありがとうございました~♪オンエアを見てみたいけど…オンエア後だと売り切れちゃうかな~?ゆきゆきさんの予測は30日の午前8時~“お中元特集生鮮”にもしかすると登場するかも?とのこと。ショップチャンネルのグルメ商品はこちらからどうぞ~♪
↓↓↓
SHOPグルメ一覧:テレビショッピングのショップチャンネルicon

追記(2012.7.6)
その後結局、京・月待庵 吉野の本葛餅を注文したスージーでございます;(たぬポンさんも買われたらしい)。んで昨日届いて早速食べてみました~♪

下記コメント欄でゆきゆきさんが教えて下さったように「ねっちょりぷるる~んっていう感じ」で、まさにスージーの好きな食感でございました!!ただ、本葛餅自体がスージーには少し甘く感じられたので、付属のきな粉だけでは足らず…今日できればスーパーできな粉を買ってきて、きな粉増量にして食べてみたいと思います♪

や~これだったら1箱800円位出せる?セブンイレブンのわらび餅は何グラムなんだろう?重量比較してみたくなっちゃいました;。

そそ、コメント欄ゆきゆきさんが
「賞味期限が11月22日になってますが、過ぎても大丈夫ですよ~。私なんか去年は買いだめして冷蔵庫に入れておいて、冬になっても食べてました~。(笑)」
と書いて下さったんですが、スージーもセブンイレブンのわらび餅など、夏の和スイーツを食べられなくなった時用に保存しておこうかと思いました;。

え~それから~同じくゆきゆきさんから
「いまショップチャンネルのグルメショーで、月待庵さんの豆煎餅やってます。
この後水ようかんが出るらしいです。
ゲストさんは前に伊藤軒の時に出ていた方で、月待庵の代表取締役社長と紹介されてました。

伊藤軒と全く同じだが、京都の中だけのお店が月待庵になるそうです。もしかして税金対策?
いま水ようかんやってます。いつもの調子で三崎キャストが「美味し~い」って言ってます。」

と6/25日にコメントいただきました。ん~、じゃ、別に伊藤軒の名前で販売してても問題なさそうですけど…やはり税金対策っぽい?ですかね?

ゆきゆきさん~ありがとうございました~♪おいしく本葛餅いただきます~♪また機会があればレポートします!…まだショップチャンネルで売ってるから、早めに書いた方がよいかな?ではまた~(^^)/。

追記(2012.7.7)
下記コメント欄、京・月待庵の本葛餅&水羊羹を食べられたゆきゆきさん、たぬポンさんから口コミコメントいただいております。できればスージーの口コミレポートと共にまとめてご紹介したいと思ってますが…来年になったらすみません;。

さて、ゆきゆきさんが気になってらっしゃる『中島大祥堂のとろ水ようかん』で一記事書いてみました~。
中島大祥堂のとろ水ようかんはどうでしょ?←エアリスさんからの月待庵、本葛餅&水羊羹の口コミを紹介させていただきました。

追記(2012.9.10)
その後“きなこ増量”で美味しくいただきました。夏にゲストさんをよんでミニパーティー?をしたときにも2箱出したのですが、みな「美味しい~♪」とパクパク召し上がっていただきまして、あっという間になくなりました;。

んでその後セブンイレブンの“ふんわりわらび餅”がいつの間にか、のどに詰まるような?“もちっとわらび餅”になってしまい、「あ~これだったら本葛餅もう1セット買っておけば良かった~;」と思ったのですが、また“ふんわりわらび餅”に戻ったのでほっとしている?スージーです。

え~本葛餅残り一箱…後生大事にとってあるスージーです;。はは;。画像入り詳細?レポートは来年になりそうです~;。すみません~;。

追記(2013.6.30)
本葛餅のレポートまだ書いてないんですけど…汗;…京・月待庵のぷるぷる水羊羹で一記事書きました。
京・月待庵のぷるぷる水羊羹♪

洋菓子もだけど、和菓子も見てるだけで癒されるなぁ。
↓↓↓

"伊藤軒=京・月待庵の吉野の本葛餅♪"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。