種子島産越冬安納生芋“みつ姫”はどうでしょう?

今回は『種子島産 安納生芋“みつ姫”』をご紹介~。甘さが増しているらしい越冬ものです♪

※画像をクリックするとショップチャンネルの
『種子島産 安納生芋“みつ姫”』
商品詳細&購入ページに飛びます。
リンク先ショップチャンネルのページに“商品動画を見る”“紹介番組を見る”アイコンがある場合はストリーミングで再放送が見られます。

↓↓↓
種子島産 安納生芋“みつ姫”種子島産 安納生芋“みつ姫”icon
商品番号:427103
種子島の安納芋の中でも厳しい基準をクリアした“みつ姫”。産地、生産者を限定し、こだわりの栽培方法、熟成、選別を経た、自慢の逸品です。黄金色に輝く、ねっとりとした甘さと美味しさの“みつ姫”を4kgとボリューム豊かにお届けします。
※ショップオリジナルセット
※ショップチャンネルのサイズ基準
ショップチャンネル価格:税込¥3,990 送料込み 返品不可 1~3週間前後でのお届け

種子島産 安納生芋“みつ姫”
★内容:4kg
☆保存方法:直射日光を避け常温で保存してください。15℃~17℃ほどが1番適しています
☆梱包状態:段ボール箱
☆お召し上がり方:お早めにお召し上がりください
☆同梱書類:あり(食べ方のしおり)
☆注意事項:冷蔵庫には入れないで、冬場の寒さにもお気を付けください/保存途中に芽が出ることがございますが、摘み取ってお召し上がりください
☆産地:種子島

【種子島の名産、安納芋】
安納芋が主に栽培される種子島は、海に囲まれ自然豊かで土壌にミネラルが多く、芋の栽培地として適しています。何万年もの時が育んだ大地、ふりそそぐ南国の太陽光、島を吹き渡る潮風、種子島の大自然だからこそ、甘くてしっとりとした安納芋に育ちます。
【安納芋の中でもブランド芋の“みつ姫”に限定してお届け】
“みつ姫”は、安納芋の中でも選りすぐりの品質基準を設定し、その狭き門をクリアした芋から厳選しています(※メーカー基準)。
■熟成:旬の8~12月に収穫された安納芋を、味を熟成させるために、湿度・温度を管理された貯蔵庫で1ヶ月以上熟成
■甘さ:通常のさつまいもより色が黄色く、甘みが強いのが特徴。圃場ごとに収穫した安納芋を焼き芋にして毎日食べて甘さを確認しています
■サイズ:“みつ姫”の通常サイズは、L・M・Sサイズ混合(80~400g)ですが、今回は、L・M・Sサイズ混合(80~350g)まで限定したため、なるべく形の揃ったものをお届けします(ショップチャンネルの選別基準)
■畑:広大な敷地の中でも、南側に面した日当たりのよい畑で栽培されたもののみに限定。日当たりのよい畑で太陽光を浴びて栽培された“みつ姫”は、甘みと美味しさが増しています
【こだわりの生産体制の取り組み】
エコファーマー認定農家が栽培。減化学肥料・減除草剤といった減農薬に努めています。また、循環型農業を取り入れています(芋を収穫→収穫後刈り取られた葉っぱなどや、形や大きさなどが規格外のお芋、収穫後に残ったお芋の蔓を提携畜産農家の牛の餌に→牛の堆肥が出る→芋を育てる→芋を収穫)。美味しい安納芋をつくることと、それをつくり続ける環境(土壌)を大切にすることがモットー。土づくりから、産地の農家達と最後の箱詰めに至るまで、一貫して1つ1つ大切に生産しています。

…食べ物ネタ続きます(笑)。前ブログ●ショップチャンネルの天然海老と国産野菜の小さなかき揚げはどうでしょう?でご紹介した『天然海老と国産野菜の 小さなかき揚げ』のオンエア再放送を見ていたら、続いて『種子島産 安納生芋“みつ姫”』の焼き芋が登場して…これはきっとゆきゆきさん気になってらっしゃるはず…とフライング?あは;。

ショップチャンネルの越冬みつ姫紹介ゲスト、富洋物産(株)フルーツ担当 牛尾 英治朗(うしお えいじろう)さん曰く、全国で収穫されるサツマイモの中で安納芋の収穫量はわずか0.58%なんだそうです。

安納芋については過去ブログ●種子島産安納こがね&紫いも、安納芋について色々と…。でぐだぐだ書きましたが…

安納芋の中にも種類がありまして、“みつ姫”というのはブランド名です。
・安納紅=皮が紅色(在来種に近い) 商品名ex.みつ姫
・安納こがね=皮が白っぽい 商品名ex.安納もみじ、安納みつき

越冬みつ姫の焼き芋…じゅわ~っと蜜がにじみ出ているあの動画は反則?ですよね;。はは;。こちらは静止画ですが…それでも美味しそう?
↓↓↓
種子島産 安納生芋“みつ姫”icon

稲垣キャスト曰く焼き芋なのに「スイートポテトなのか?お前は?」という感じなんだそうです♪焼き芋も良いですが、生芋ならでは?3cm位の厚さで揚げていた天ぷらも美味しそうでしたね。

ショップチャンネルでビデオ紹介されていた“みつ姫”の厚切り天ぷらを提供されている銀座天国(てんくに)さん。食べログにページがあったのでリンクを貼っておきます♪
銀座 天國 本店(天国 てんくに) - 新橋(天ぷら)[食べログ]

天国さんは明治18年(1885年)開業の老舗だそうです。ちなみにビデオに登場していたのは料理長、三堀 幸夫(みつぼり ゆきお?)さんでした。ホームページもありました。
銀座 天ぷらの天國

以前の安納芋ネタブログでも書きましたが、サツマイモは60℃程度で長時間加熱するとさつまいもに含まれるβアミラーゼという酵素がさつまいものデンプンを麦芽糖に糖化して、甘みが増すそうなので、電子レンジでチン!よりもβアミラーゼが働く65℃~80℃位の温度でじっくり焼くのが美味しくいただくコツのようです。揚げるときも低温でじっくりがコツですかね?

あと、ショップチャンネル商品解説ページの保存方法に「15℃~17℃ほどが1番適しています」「冷蔵庫には入れないで、冬場の寒さにもお気を付けください」と書いてありますが、安納芋は低温に弱いらしく、5℃以下になると急速に傷んでしまうそうです。

焼き芋にするのが面倒な方はカタログ・ネット限定で『とろ~り甘い! 冷凍焼いも(みつ姫)』が販売されてます;。お、『美深の越冬くりじゃが』も販売されてますね~。ショップチャンネルのグルメ商品一覧はこちらからどうぞ♪
↓↓↓
SHOPグルメ・お酒|通販・テレビショッピングのショップチャンネルicon

ゆきゆきさん~“みつ姫”は気になってらっしゃいませんか~?それともデコポンかしらん?1/13 22:00~のオンエアでは熊本県営業部長=くまモンが登場してましたが、ゆきゆきさんは既にお休みだったかも?うぷぷ(^m^)。お買い上げでしたらコメントお待ちしております~な~んて;。はは;。ではまた~(^^)/。

スージー関連ブログ(日記)記事
ショップチャンネルの天然海老と国産野菜の小さなかき揚げはどうでしょう?
種子島産安納こがね&紫いも、安納芋について色々と…。←追記にて、ゆきゆきさんからの安納こがね(越冬&新物?どちらも)の感想をご紹介させていただいてます。
美深インカのめざめ&くりじゃががお買い得でした。←こちらもゆきゆきさんから口コミコメントいただいてます♪



追記(2016.1.28)
昨日“みつ姫”の冷凍焼き芋がGGVに登場&春キャベツさんお買い上げとのことで、ご紹介。
ショップチャンネルの種子島産安納芋“みつ姫”冷凍焼いもはどうでしょう?

楽天で売れてるサツマイモも見てみます?
↓↓↓

"種子島産越冬安納生芋“みつ姫”はどうでしょう?"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。